×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


タイトルイメージ 本文へジャンプ


千住大学学長・教授挨拶

 交通が輻輳をきわめ、日々新副都心の観がある足立区北千住と、いまも交通の大動脈である旧日光・奥羽街道起点の千住大橋かいわいの足立・荒川両区にまたがる地域をふくむエリアは、芭蕉の「おくのほそ道」、森鴎外の在住と文筆活動開始など文章文化象徴の地として知られています。時代がいかに移っても必要な文章向上のため、千住河原町に千住大学文章学科を今年2008年4月から開校しました。(学長 酒井憲一)


酒井憲一(さかいけんいち)プロフィール

 

『文章の書き方──会得の12ポイント』(丸善ライブラリー)の著者で評論家。
ジャーナリスト、清泉女子大学文章表現法、成城大学アメニティ論、生涯学習大学講師。
赤ちゃん学校校長として週刊ベビーマガジンの編集・発行300号突破。
2004年以来、東京大学理系で研究をつづけ、研究生を経て今春から大学院研究員。
受講講義関係の2冊のほか、著書多数。主著『100億人のアメニティ』(ちくま新書)。
NPO法人芭蕉翁おくのほそ道ネットワーク・おくのほそ道大学顧問。1928年生まれ。
 こうした豊富な体験と適切な指導で、文章の上達をめざします。



LINK
●Amenity baby school週刊ベビーメルマガ赤ちゃん学校通信
   Copyright(C) 2008 senjudaigaku All rights reserved.